エミフルMASAKIのご紹介Introduction of emifull MASAKI

各モールのご紹介

エミモールは、Green・Orange・Floral・Waterの4つのゾーンに色分けされており、
それぞれのテーマカラーとデザインを楽しみながら、広いエリアでも快適にお買い物していただけます。
Green・Orange・Floralのゾーンには、4Fまでつながる吹き抜けのCourtがあり、開放感あふれるモールを演出しています。

ちょっとした休憩に、また待ち合わせスポットとして、お気に入りのゾーンを見つけてください。

「エミモール」本館棟

「エミモール」本館棟

SC敷地中央に位置するエンクローズドモールの本館棟で、鉄骨造3F建ての1・2Fはショップ、3F・屋上は駐車場になります。
建物はベージュとライトブラウンがメインのアースカラーを基調とした外壁を採用し、周辺の自然環境と融合した色調となっています。
また、ガラス窓を多用し、2Fの東側・国道56号線に面した部分はオープンテラスを設置。開放感溢れるモールを演出しています。

また、モールには3ヶ所の吹き抜けがあり、それぞれ自然をテーマにしたゾーン展開を行っています。テーマカラーやデザインを楽しみながら、広いエリアでも快適にお買物していただけます。

「エミアミューズ」アミューズメント

「エミアミューズ」アミューズメント

「エミモール」の南側に位置し、2F部分が連絡橋でつながった鉄骨造2F建ての「エミアミューズ」には、県内最大級のシネマコンプレックス シネマサンシャイン、2014年3月20日オープンの総合ペットショップ「ひごペットフレンドリー」、楽器販売・音楽教室の「島村楽器」、アミューズメント「SOYU Forest Hunter」、カラオケCLUB DAMなどのショップが入店したアミューズメント施設です。

幅広い世代の多様なニーズにお応えでき、時間が経つのを忘れてしまうほど魅力たっぷりのエリアとなっています。

「エミグルメ」飲食店

「エミグルメ」飲食店

「エミアミューズ」の南側に位置し、SC敷地内に別棟で構成している「エミグルメ」にはバラエティに富んだ6つの飲食店が集結。また、エリア内には噴水や流水路を設け、ゆっくりとくつろげる一時を提供します。

「エミパーク」憩いの広場

「エミパーク」憩いの広場

本館棟「エミモール」の北側に位置する「エミパーク」はお子さま連れのファミリーが楽しく過ごせる公園です。
お子さまが遊べる砂場や遊具を設置したほか、芝生広場や休憩スペースを設け、憩いの広場としてご利用いただけます。

詳しく見る

環境保全・社会貢献活動

「お買い物袋持参運動」を推進します。

(株)フジでは、レジ袋の削減を図るため、フジグランエミフルMASAKI[食品館]食品レジでレジ袋を辞退されたお客さまには、1回のご精算につき、お買上げ合計金額より[エコ値引き]2円引きいたします。

エミフルECOステーションを設置。有価資源の回収を行っております。

エミフルECOステーション

エミグルメ西側に位置する、資源回収リサイクルボックス「エミフルECOステーション」では、古新聞・チラシ、古雑誌、牛乳パック、ダンボールなどの古紙を、お持ち込みいただけます。
1kgにつき1ポイントが付与され、500ポイントでフジ商品券と交換できます。
※ペットボトル、食品トレイ、アルミ缶、スチール缶も回収しています。(これらは、ポイント対象外)

ECOステーションで回収された有価資源は販売され、収益の一部が愛媛FCへ寄与され、選手の育成やサポーター費用に充当されます。

フロアマップで場所を見る

廃棄物の分別を徹底し、リサイクルに積極的に取り組みます。

「エミフルMASAKI」では、「リサイクルルーム」を設置して廃棄物の分別を徹底。
ゴミの減量と資源としてのリサイクルを高めていきます。

植樹活動・周辺の清掃活動を積極的に行います。

植樹活動

「エミフルMASAKI」の従業員が、ショップ周辺の定期清掃を実施するほか、地域ボランティアの清掃活動にも積極的に参加します。
また、2008年4月13日に愛媛新聞社さま・(株)フジとの共催にて、立体駐車場周辺エリアに「エミフルの森」(植樹活動)を行いました。
地域の皆さまやボランティア団体などのご協力を得て、クヌギやヤマモモなど約16種、約1,000本を植栽しました。また、2014年Summer Big Renewal Openを記念してメタセコイヤアを植樹をしました。